最新情報 赤ちゃん整体

ホームページを
リニューアルしています



発達障害と重力の関係

発達障害と運動機能の関係

発達に関する疑問

お座りも出来ているのに、なぜ立てないの?

立たないのではなく、立てない

子供の姿勢・頭部変形

(1)赤ちゃんの頭の形

(2)赤ちゃんの首座り

(3)姿勢と情緒の関係・発達障害

三角頭蓋、クローバーリーフ頭蓋という形を経過して変化

頭部変形「マス目の歪みの量」と成長の関係

頭部の中心がずれた状態での成長・姿勢の崩れ

生時に頭部変形が無かったのに徐々に変形する場合
誕生時に頭部変形があっても徐々に直っていく場合

鼻から息を吐ける事と姿勢の安定

首座りの定義

子供への姿勢指導

マス目の歪みで作られる姿勢
反り返りが異常に強い
首が座らない

座ると猫背になる子供の場合

「マス目の歪み」方向性と分散

全身に連動する「頭部の歪み」

成長と頭部の膨らみ

頭部の歪みと表情

書籍案内

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで
中心軸をつくる骨格細分化調整
赤ちゃん整体から側湾症

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>


<実践編>
構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方 実践編

赤ちゃん整体・案内

トップページへ
初めての方・予約方法
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせ

整体師プロフィール

骨格細分化調整とは
「マス目の歪み」とは
赤ちゃん整体の雰囲気
よくある質問と回答  

会社概要  
リンク  
相互リンクはこちらへ

個人情報保護方針

関連サイト

脊柱側湾症・側湾症|中心軸整体
構造的に正しい姿勢|中心軸整体
発達と歪み研究所

ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方

骨格細分化調整師養成セミナー  
骨格細分化調整師として
・研究員を目指される方
・独立開業を目指される方
の為に研究員・骨格細分化調整師養成セミナーを開催しています

大人の調整はこちらへ

項目別臨床例

(1)歩けない→歩けるようになった

(2)立てない→立てるようになった

(3)立てない→立てる→歩けるようになった

(4)ずり這いできない→ずり這いできるようになった

赤ちゃん整体/実例

三角頭蓋、クローバーリーフ頭蓋という形を経過して変化
てんかんの赤ちゃん
知的障害 6歳の女の子
知的障害 自閉症 自傷行為 斜視
頭蓋骨変形症、言葉が遅い、よく転ぶ、斜頭
頭蓋骨変形症、言葉が遅い、よく転ぶ、斜頭2
頭蓋骨変形症、言葉が遅い、よく転ぶ、斜頭3
子供整体の10年後、ひきつけ、チック症、斜視、漏斗胸
トゥレット症候群、舟状頭、三角頭蓋
言語遅れ、言語リハビリ、発達障害、舟状頭
言語遅れ、言語リハビリ、発達障害、舟状頭2
上下斜視、調節性内斜視、斜頭
上下斜視 調整性内斜視、斜頭2
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状2
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状3
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状4
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状5
立てない、歩けない、発達障害、三角頭蓋
発達障害、歪みと食生活
言葉の遅れ、自閉症、多動傾向
ヘルメット治療と骨格細分化調整の並用
頭部の歪み成長への影響、斜頭
膝が痛い
足のしびれ、チック症、三角頭蓋、クローバーリーフ頭蓋
向き癖、頭の形、身体が曲がる(Cの字に)斜頭
運動発達・精神発達の遅れ、頭部の変形、三角頭蓋
発達停滞 てんかん
2歳1ヶ月 歩けない、斜頭、クローバーリーフ頭蓋1
2歳1ヶ月 歩けない、斜頭、クローバーリーフ頭蓋2
トゥレット症候群
猫背 歩けない 先天性両足内反足
猫背 歩けない 先天性両足内反足2
落ち着きが無い 発達障害 言葉がおかしい
落ち着きが無い 発達障害 言葉がおかしい2
姿勢が悪い 脊柱側湾症
斜頸 頭の形がいびつ
ペルテス病 股関節痛
小学4年生 脊柱側湾症
立てない歩けない4才女子1
立てない歩けない4才女子2
立てない歩けない4才女子3
立てない 斜視  1才半、斜頭
2歳になり歩けなくなった、舟状頭
2歳になり歩けなくなった、舟状頭2
2歳になり歩けなくなった、舟状頭3
2歳になり歩けなくなった、舟状頭4
2歳になり歩けなくなった、舟状頭5
転びやすい 左足が内転
自閉症 アトピー 側湾症
発達遅延 歩けない 三角頭蓋、斜頭
発達遅延 歩けない 三角頭蓋、斜頭2
発達遅延 歩けない 三角頭蓋、斜頭3
発達遅延 歩けない 三角頭蓋、斜頭4
呼びかけに無反応 知的遅れ
言葉が遅い 1人で立てない 発達遅延
弱視 斜めにテレビを見る
お座り出来ない 脳性麻痺
お座り ハイハイが出来ない
立てない 発達の遅れ お座りも不安定
言葉の遅れ 首かしげ
頭部変形 将来の不安
1人で立てない 1才8ヶ月
手を離して歩けない 1才8ヶ月
発達停滞 寝返り・ハイハイ出来ない
言葉が遅い つま先立ち
運動機能 自閉症、三角頭蓋、斜頭
運動機能 自閉症、三角頭蓋、斜頭2
内反足 がに股 つまづく
手をつながないと落ち着かない
斜視 おとなしすぎる、舟状頭
歩けない 発語無し 発達遅延、斜頭
多少脳回 歩けない 発達遅滞、小頭症、斜頭1
多少脳回 歩けない 発達遅滞、小頭症、斜頭2
多少脳回 歩けない 発達遅滞、小頭症、斜頭3
多少脳回 歩けない 発達遅滞、小頭症、斜頭4
ダウン症 歩けない、尖頭、尖頭
猫背 チック症状 8才
多少脳回 歩けない 発達遅滞
ハイハイしない 歩けない 座れない、斜頭1
ハイハイしない 歩けない 座れない、斜頭2
中程度知的障害 発達遅延 4才、舟状頭、斜頭 1
中程度知的障害 発達遅延 4才、舟状頭、斜頭 2
手足の緊張 発達遅延 2才、舟状頭
手足の緊張 発達遅延 2才、舟状頭 2
多動 目の動き行動がおかしい 発達障害6才、斜頭
ハイハイ出来ない お座り出来ない1才4ヶ月、三角頭蓋、斜頭
座れない 立てない
情緒の発達と重力ストレスの関係、斜頭
低緊張 立てない 歩けない、斜頭、小頭症 
3才で歩けない、斜頭、舟状頭
吃音障害(どもり)・アトピー、斜頭、舟状頭
言葉が1才児位 階段を下れない4才5ヶ月、斜頭、クローバーリーフ頭蓋
夜泣き、向き癖、怖がり 1才
言葉の遅れ 3才6ヶ月、尖頭
三角頭蓋、言葉が遅い、よく転ぶ 2才1
三角頭蓋、言葉が遅い、よく転ぶ 2才2
運動機能全般発達遅延、ずり這いできない、斜頭
立とうとしない、尖足
発達障害、知的遅延、グニャグニャ、扁平足、舟状頭、斜頭、尖頭1
発達障害、知的遅延、グニャグニャ、扁平足、舟状頭、斜頭、尖頭2
受け口、問題行動、肩こり、舟状頭、斜頭
歩行中のふらつき、シャツ噛み、斜頭
右顎・右耳・右股関節痛、片足引きずる、斜頭
長引く咳、斜頭
冷えと風邪薬
姿勢が悪い
子供の姿勢
座り方を注意される
三角頭蓋 ロボットのようなハイハイ
首が座らない 頭部変形-前編
首が座らない 頭部変形-中編
首が座らない 頭部変形-後編
首座りの重要性①
首座りの重要性②
首座りの重要性③
頭部変形変化
多動、偏食、耳ふさぎ、言葉が遅く単語の
不自然に硬すぎる赤ちゃん、生まれた時から緊張していた
ハイハイが異常、立てない1
ハイハイが異常、立てない2
ハイハイが異常、立てない3
頭部の歪みの波及・右膝の痛み
マス目の歪み拡張不足・発達障害と姿勢
グニャグニャしている、走り方が変
御両親の調整、普通に立てる価値
走り方がおかしい、滑舌の悪さ
真っ直ぐ立てない
後頭部変形、筋緊張、立てない、歩けない
後頭部変形、筋緊張、立てない、歩けない2
続・発語と口周りの変化〜独歩獲得から発語まで

低緊張、立てない歩けない〜発達障害 歪みと筋肉状態の影響
便秘 姿勢と呼吸
歪みと顔立ち 小学2年
「発語」につながる口周りの変化 N君 3才

 

 


 

後頭部変形、筋緊張、立てない、歩けない2

続・発語と口周りの変化〜独歩獲得から発語まで

 

Kくんは、1歳6ヶ月の時、来院されました。当時の詳細は下記ブログを参照願います。

後頭部変形、筋緊張、立てない、歩けない

今回は、Kくんが2〜3才にかけて大きく変化した内容を記します。

続・発語と口周りの変化〜独歩獲得から発語まで

今回ご紹介するK君の、お喋り出来るようになるまでの経過が、前々記事のN君(「発語」につながる口周りの変化 N君 3才)と共通点が多くあります。貴重な内容なので、以下にその様子をご紹介します。

 

まず、調整開始当初から、歩行の獲得までの様子と、現況を記します。

調整開始当初の状況は「後頭部変形、筋緊張、立てない、歩けない」のブログに期しましたが、その後、18回目で、ほぼ独り歩きが出来るようになりました。

40回目辺りでは、歩行の安定、転びにくくなり、早歩きまで出来るようにもなりました。

しかし、まだ走りだす様子がないこと、数個の単語を言えるだけで、二語文にならない、発語の向上が見られない等、停滞している様な状態が続いていました。

でも、立位での筋骨格状態は更に変化している様子が見られており、特に「口周りの変化」が見られ始めたころ、発声そのものの数が増えてきました。

「口周りの変化」とは、赤ちゃん唇(縦長で、左右に短い)から、大人唇(横長)への変化を言います。喋れなかった赤ちゃんが、この変化後、喋れるようになったという多くの臨床例があります。

そして、50回を過ぎた辺りから、二語文以上のおしゃべりが急激に増え始めました。

56回目の現段階では、調整中ずっとお喋りしっぱなしで、私達も、あまりの変化の速さに驚かされました。

同時に小走りから、ほぼ走っていると言ってもいいほど、動きも向上しました。

まだ滑舌が良くないため、何と言ってるのか分かりにくい部分が多いですが、今後の調整で更に向上していくものと思われます。

以下、K君、U君の発語に関する口周りの変化について、二名の共通点を記します。


二人の共通点

1、マス目検査では、頭が首の真上になく、前方に位置している

2、後頭部が短く、顔面下部・頬から下が長くなってしまうような下ぶくれ、垂み

3、泣く時や笑う時など、下顎の横ズレが大きい、目立つ

4、生理的湾曲の逆カーブ

5、口周りの変化


1、について

頭部の歪みにより、マス目の頭部中心が本来あるべき位置からズレてしまうことと、

首以下の骨格も頭部を首の真上に置くことが出来ない身体状態にある


2、について

1との関連で、頭部がぶら下がったナスビの様な状態に置かれることで、頬口周りの筋肉が活性化し難い状態となる


3、について

首(頸部後ろ)の過緊張により、前側の喉周辺は弛緩傾向、とアンバランスな状態から、下顎に不安定な状態が起きることが考えられる


4、について

生理的湾曲が逆カーブになってしまうと、ストレートネック状態になってしまうため、頭蓋骨を支える頸椎1番が前方に押された形になり、下顎関節部も押し出される。


5、について

赤ちゃん唇(縦長で、左右に短い)から、大人唇(横長)への変化


これら特徴は、外見上明らかな場合と、見た目では、全く分からない場合とがあります。

定型発達の子の場合、この年齢では下顎はまだ小さく、首の真上に頭部全体が丸く乗っています。こうした事から、下顎が成長途中の幼児の場合、ほぼ後者に見えます。

前者は下顎成長が急激に進み始める小学生以上に多く見られます。また、頭部前出に見えない場合でも、首から下の背骨に代償負担をさせていることがほとんどで、このことが側湾症や、不良姿勢、骨格全体の歪みの根本原因と推測されます。


1〜5の状態が調整により、頭部中心が整いながら、背骨の生理的湾曲が発生してくると、結果的に頬や口周りの筋肉が活性化していき、発声、滑舌へ、大きく影響していくことが考えられます。

また、K君の場合、短期間ではありますが、保育園に行けたことによる周辺環境の影響が、急激な発語向上の起爆材になった可能性が大きいと考えられます。

肉体的準備が整ってきていても、周辺環境の影響は非常に大きく、特に精神発達の面において、同じような背格好、同世代との対人コミュニケーションは健やかな成長に欠かせない要素となります。

現在調整中のお子さんの中にも、同様の状態で調整の経過も二人と同様の方向へ進んでいる子が複数いるので、引き続き今後の経過を観察していきます。

発語の獲得に関しては、解明されていないことの方が多く、筋骨格系だけで全て解決するものではありません。実際、どこまでがマス目の歪みの影響なのかは不明ですが、骨格細分化調整により、変化していく子供達を見ていると、筋骨格系が与える発語、精神発達への影響は多大なものであると考えられます。