最新情報 赤ちゃん整体

ホームページを
リニューアルしています



発達障害と重力の関係

発達障害と運動機能の関係

発達に関する疑問

お座りも出来ているのに、なぜ立てないの?

立たないのではなく、立てない

子供の姿勢・頭部変形

(1)赤ちゃんの頭の形

(2)赤ちゃんの首座り

(3)姿勢と情緒の関係・発達障害

三角頭蓋、クローバーリーフ頭蓋という形を経過して変化

頭部変形「マス目の歪みの量」と成長の関係

頭部の中心がずれた状態での成長・姿勢の崩れ

生時に頭部変形が無かったのに徐々に変形する場合
誕生時に頭部変形があっても徐々に直っていく場合

鼻から息を吐ける事と姿勢の安定

首座りの定義

子供への姿勢指導

マス目の歪みで作られる姿勢
反り返りが異常に強い
首が座らない

座ると猫背になる子供の場合

「マス目の歪み」方向性と分散

全身に連動する「頭部の歪み」

成長と頭部の膨らみ

頭部の歪みと表情

書籍案内

赤ちゃん整体・発達障害〜
脊柱側湾症まで
中心軸をつくる骨格細分化調整
赤ちゃん整体から側湾症

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方
<理論編>


<実践編>
構造的に正しい姿勢 構造的に正しい身体の使い方 実践編

赤ちゃん整体・案内

トップページへ
初めての方・予約方法
料金/営業時間
所在地/地図
検査から調整の流れ
お問い合わせ

整体師プロフィール

骨格細分化調整とは
「マス目の歪み」とは
赤ちゃん整体の雰囲気
よくある質問と回答  

会社概要  
リンク  
相互リンクはこちらへ

個人情報保護方針

関連サイト

脊柱側湾症・側湾症|中心軸整体
構造的に正しい姿勢|中心軸整体
発達と歪み研究所

ちゅうしん健康日記
ちゅうしん基本食日記

構造的に正しい姿勢
構造的に正しい身体の使い方

骨格細分化調整師養成セミナー  
骨格細分化調整師として
・研究員を目指される方
・独立開業を目指される方
の為に研究員・骨格細分化調整師養成セミナーを開催しています

大人の調整はこちらへ

項目別臨床例

(1)歩けない→歩けるようになった

(2)立てない→立てるようになった

(3)立てない→立てる→歩けるようになった

(4)ずり這いできない→ずり這いできるようになった

赤ちゃん整体/実例

三角頭蓋、クローバーリーフ頭蓋という形を経過して変化
てんかんの赤ちゃん
知的障害 6歳の女の子
知的障害 自閉症 自傷行為 斜視
頭蓋骨変形症、言葉が遅い、よく転ぶ、斜頭
頭蓋骨変形症、言葉が遅い、よく転ぶ、斜頭2
頭蓋骨変形症、言葉が遅い、よく転ぶ、斜頭3
子供整体の10年後、ひきつけ、チック症、斜視、漏斗胸
トゥレット症候群、舟状頭、三角頭蓋
言語遅れ、言語リハビリ、発達障害、舟状頭
言語遅れ、言語リハビリ、発達障害、舟状頭2
上下斜視、調節性内斜視、斜頭
上下斜視 調整性内斜視、斜頭2
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状2
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状3
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状4
発達遅れ 歩行できない アレルギー症状5
立てない、歩けない、発達障害、三角頭蓋
発達障害、歪みと食生活
言葉の遅れ、自閉症、多動傾向
ヘルメット治療と骨格細分化調整の並用
頭部の歪み成長への影響、斜頭
膝が痛い
足のしびれ、チック症、三角頭蓋、クローバーリーフ頭蓋
向き癖、頭の形、身体が曲がる(Cの字に)斜頭
運動発達・精神発達の遅れ、頭部の変形、三角頭蓋
発達停滞 てんかん
2歳1ヶ月 歩けない、斜頭、クローバーリーフ頭蓋1
2歳1ヶ月 歩けない、斜頭、クローバーリーフ頭蓋2
トゥレット症候群
猫背 歩けない 先天性両足内反足
猫背 歩けない 先天性両足内反足2
落ち着きが無い 発達障害 言葉がおかしい
落ち着きが無い 発達障害 言葉がおかしい2
姿勢が悪い 脊柱側湾症
斜頸 頭の形がいびつ
ペルテス病 股関節痛
小学4年生 脊柱側湾症
立てない歩けない4才女子1
立てない歩けない4才女子2
立てない歩けない4才女子3
立てない 斜視  1才半、斜頭
2歳になり歩けなくなった、舟状頭
2歳になり歩けなくなった、舟状頭2
2歳になり歩けなくなった、舟状頭3
2歳になり歩けなくなった、舟状頭4
2歳になり歩けなくなった、舟状頭5
転びやすい 左足が内転
自閉症 アトピー 側湾症
発達遅延 歩けない 三角頭蓋、斜頭
発達遅延 歩けない 三角頭蓋、斜頭2
発達遅延 歩けない 三角頭蓋、斜頭3
発達遅延 歩けない 三角頭蓋、斜頭4
呼びかけに無反応 知的遅れ
言葉が遅い 1人で立てない 発達遅延
弱視 斜めにテレビを見る
お座り出来ない 脳性麻痺
お座り ハイハイが出来ない
立てない 発達の遅れ お座りも不安定
言葉の遅れ 首かしげ
頭部変形 将来の不安
1人で立てない 1才8ヶ月
手を離して歩けない 1才8ヶ月
発達停滞 寝返り・ハイハイ出来ない
言葉が遅い つま先立ち
運動機能 自閉症、三角頭蓋、斜頭
運動機能 自閉症、三角頭蓋、斜頭2
内反足 がに股 つまづく
手をつながないと落ち着かない
斜視 おとなしすぎる、舟状頭
歩けない 発語無し 発達遅延、斜頭
多少脳回 歩けない 発達遅滞、小頭症、斜頭1
多少脳回 歩けない 発達遅滞、小頭症、斜頭2
多少脳回 歩けない 発達遅滞、小頭症、斜頭3
多少脳回 歩けない 発達遅滞、小頭症、斜頭4
ダウン症 歩けない、尖頭、尖頭
猫背 チック症状 8才
多少脳回 歩けない 発達遅滞
ハイハイしない 歩けない 座れない、斜頭1
ハイハイしない 歩けない 座れない、斜頭2
中程度知的障害 発達遅延 4才、舟状頭、斜頭 1
中程度知的障害 発達遅延 4才、舟状頭、斜頭 2
手足の緊張 発達遅延 2才、舟状頭
手足の緊張 発達遅延 2才、舟状頭 2
多動 目の動き行動がおかしい 発達障害6才、斜頭
ハイハイ出来ない お座り出来ない1才4ヶ月、三角頭蓋、斜頭
座れない 立てない
情緒の発達と重力ストレスの関係、斜頭
低緊張 立てない 歩けない、斜頭、小頭症 
3才で歩けない、斜頭、舟状頭
吃音障害(どもり)・アトピー、斜頭、舟状頭
言葉が1才児位 階段を下れない4才5ヶ月、斜頭、クローバーリーフ頭蓋
夜泣き、向き癖、怖がり 1才
言葉の遅れ 3才6ヶ月、尖頭
三角頭蓋、言葉が遅い、よく転ぶ 2才1
三角頭蓋、言葉が遅い、よく転ぶ 2才2
運動機能全般発達遅延、ずり這いできない、斜頭
立とうとしない、尖足
発達障害、知的遅延、グニャグニャ、扁平足、舟状頭、斜頭、尖頭1
発達障害、知的遅延、グニャグニャ、扁平足、舟状頭、斜頭、尖頭2
受け口、問題行動、肩こり、舟状頭、斜頭
歩行中のふらつき、シャツ噛み、斜頭
右顎・右耳・右股関節痛、片足引きずる、斜頭
長引く咳、斜頭
冷えと風邪薬
姿勢が悪い
子供の姿勢
座り方を注意される
三角頭蓋 ロボットのようなハイハイ
首が座らない 頭部変形-前編
首が座らない 頭部変形-中編
首が座らない 頭部変形-後編
首座りの重要性①
首座りの重要性②
首座りの重要性③
頭部変形変化
多動、偏食、耳ふさぎ、言葉が遅く単語の
不自然に硬すぎる赤ちゃん、生まれた時から緊張していた
ハイハイが異常、立てない1
ハイハイが異常、立てない2
ハイハイが異常、立てない3
頭部の歪みの波及・右膝の痛み
マス目の歪み拡張不足・発達障害と姿勢
グニャグニャしている、走り方が変
御両親の調整、普通に立てる価値
走り方がおかしい、滑舌の悪さ
真っ直ぐ立てない
後頭部変形、筋緊張、立てない、歩けない
後頭部変形、筋緊張、立てない、歩けない2
続・発語と口周りの変化〜独歩獲得から発語まで

低緊張、立てない歩けない〜発達障害 歪みと筋肉状態の影響
便秘 姿勢と呼吸
歪みと顔立ち 小学2年
「発語」につながる口周りの変化 N君 3才

 

 


2歳になり歩けなくなった、舟状頭4

昨年10月の時点で、
6歩まで歩ける様になった。
その後、歩行の練習を一人で続けるようになった。
骨格細分化調整を受ける以前は、歩行訓練を嫌がり、
練習する意欲もない様子だった。
骨格調整を受け始めて、元気に動き回る様になっても、
中々独歩が出来ない事がストレスとなり、
調整を嫌がった時期もあった。
それが嘘の様に、何度転んでも立ち上がり、
休む事なく練習を続ける。あまりの熱心さに
「今日はもうこれ位にしたら」と心配で声をかける程。
しかしその姿はとても感動的だったとお母さんが話してくれた。

ところが、12月に入り食事量が減少し始める。
特に水を受け付けず、日に日に痩せていった。
元々、摂食の問題があったが、
骨格細分化調整を受け始めてから
食事量が増え、身体も成長を見せていた。
本人もどうして食べられないのか分からない。
年末年始は点滴を打ちながら何とか年を越した。
立ち上がろうとする意欲はあるものの、
食べられない事で体力も低下、再び歩かない日々となった。

摂食訓練と検査の為、入院するが、結局異常はなし。
前回の原因不明の咳とは違い、
今回は体重の低下が著しかった為、
3月上旬あたりで8割回復レベルと、
回復まで時間を要した。
筋肉的にはほぼゼロスタートとなったが、
骨格状態は歩行可能なレベルにある事は変わらず、
立てない状態に戻った様子はない。
病院の意向、家庭内の様子などを伺いながら、調整を継続。
しかし、食事量が回復しないまま、
歩行訓練等で体力を消耗させる事は、
全体の回復を遅らせてしまう恐れがあり、
慎重に経過を追った。
中旬には歩こうとする気配こそないものの、
手をバタバタさせたり、
全体的に動きたがっている様子が始まる。
ピーク時の体重にはなっていないが、
回復に伴い、肉体的には歩ける条件が揃ってきた。

しかし、歩く事を恐れているのか、
感覚を忘れてしまったのか、
自主的に立つ、歩く気配がみられない。
そこで親子で話合い
「伝い歩きでも良いから、とにかくハイハイは止めよう。」
と決めた。この事で再び立位時間が長くなり、
自主的に歩行訓練も再開し始めた。

ハイハイをやめると決めたのと並行して、
身の回りの事など、自分でやれる事の設定範囲も増やしてみた。
すると数年前の努力は何だったのだろうかという位、
スムーズな動きが増えていた事が分かった。
数年前、何度練習しても出来なかった頃は
見向きもしなかったのが、出来ると分かると、
積極的に取り組むもので、Y君、
一つ一つ色んな興味が増えてきた。
同時に色んな恐怖が減ってきた。
最近Y君から聞く事が増えた言葉
「何で前は怖かったんだろうねぇ?」
本人が一番不思議がっている。
転びそうになるとサッとしゃがむ事で
転倒を防ぐ技を身につけたが、実際転んでも
「そんなに痛いものではないらしい」
という事も体感し、転ぶ事が恐怖ではなくなっていた。
お風呂も苦手だったが、最近は蛇口からお湯が出る事、
鏡の水滴を拭く事、お湯を手でかく事、
色んな事が楽しい様子で、
汗をかきながら長い時間いる様になった。

現在は、家の中ではつかまらないで歩ける様になっており、
コップの水を飲みながら歩く、
食器ののったおぼんを台所まで運ぶなど、
着実に前進を続けている。
まだ自然でスムーズな歩行には至らないが、
野外での歩行訓練を通して
より歩行力が上がるものと思われる。

2歳前後で肉体的な発達には問題がなく、
ただ手を離して立つ事が出来ないお子さんの場合、
数回の調整で自然な独歩となる事が多い。
しかし、4歳以降で肉体的成長の停滞を伴う場合、
歩行可能な骨格状態であっても、
動かし方が分からなくなっている事がある。
成長の時期がズレた為に、使わずにいた部位が廃用化し、
即使える様にならない為と思われる。ここは訓練が必要となる。

Y君の場合は歪みの影響で手の使い方にも未開発の部分がある。
骨格構造的には、歩行可能な状態であるにも関わらず、
中々独歩に向かう気配がなかった頃に、
歩く為の身体の使い方を指導した所、
前回ブログの6歩歩行となった。
まだ歩行が安定しない理由の一つに、
手の動きによる胴体部の運動が連動していない状態があり、
この部分の動きの指導も進めている。
以前は紙のようにフニャフニャしていた胴体も、
今では前後のサポートなく安定して立っていられる。
今後、上肢との連動で体幹部の安定度が向上する事により、
移動に伴う上半身のグラつきに振り回されない
身体に向かう事が期待される。